購買前に情報を集めることが容易になり、そして商品を比較することがあたりまえの時代を迎え、昭和では常套手段であった「売り込み型」の広告や営業手法が難しい時代になりました。

これは購買を考えている人が自分の目的にあった商品を選んで賢く購入するようになったからです。
少し前までは購買を考えている人はテレビや新聞から情報を得るしかありませんでした。
このことからシェア・オブ・ボイスという「商品を見てもらう時間が長ければ長いほど良い」という考え方が主流でした。

この手法は非常に広告費が高く、またCMや広告代理店に払う費用も莫大でしたが、それに見合う効果も期待できました。

しかし録画機器の発達や、長時間労働が当たり前になり、テレビをゆっくり見る時間は無くなりました。同時に録画してある番組を見る際にCMを見ないことが主流になり、視聴率がいくらあってもCMを見ないという事態になってきました。

その一方で購入を考える人が購入したい商品の情報を集める時間が長くなり、ウェブを活用する時間が増え、購買を考える人はその業界の営業マンよりも詳しいということも珍しくありません。
それでも大きな効果がテレビのCMや番組での紹介にあることは確かです。

購買を考えている人は68%がウェブを活用して商品を調べますが、65%は店頭での第一印象、そしてテレビのCMで好印象を抱いて購入を決めたという結果が出ています。

ではこのような時代に企業はどうやって見込みや潜在顧客に情報を届ければいいのでしょうか?
その鍵が「コンテンツマーケティング」あり、アメリカの企業の90%がコンテンツマーケティングに取り組む理由になっているのです。