FacebookやtwitterなどのSNSで見かける広告の大半が「SEO/SCO」対策と言われる直近の消費のために情報を探している層をターゲットにした手法です。

SEO改良

昔は商品を買う消費者の行動はCMや店頭で商品を知ることで購買につながっていましたが、今はスマートフォンなどのウェブ環境が整い、消費者は買う前に調べることが当たり前の時代になりました。

そこで検索して出てきた一番最初の画面に掲載されることが購買に繋がるという認識と結果から、SEO対策は積極的に行われてきました。

この手法はとても有効な方法でしたが、費用も大きくかかり、またライバルも増えたことで費用対効果が年々に下がり続けている傾向があります。

重要な指標としては「クリック単価」が挙げられ、何回表示されればクリックされるのか、また「クリックした人の何%が購買しているか?」という点が重要でした。

ここからさらにマーケティングの段階は上がり、ランディングページからの離脱率や、購買につながるハードルを下げることが重要視され、顧客獲得単価の低下を目指してきました。

これらの従来の手法は「いかに安く効率よく顧客獲得単価を下げるか?」のみが重視される狩猟型を意識したマーケティングの取り組みでしたが、コンテンツマーケティングは「顧客の需要を育てる」「顧客との信頼関係を構築する」という育成型のマーケティングの手法が注目されてきました。

単価が上がりすぎる上にリピーターを見込みにくい

リスティング広告の単価が上がったのは、決められた広告枠を企業が奪い合いしている状況になるからです。誰だっていますぐ買ってくれるお客は欲しいものです。しかし、それで収益を下げてしまう、コストの増加にほとんどの企業が直面しています。

この傾向は人気サイトやトレンドの一極化に原因があると考えられています。
発信される情報が同じワードや、同じ項目に偏ってしまうためです。

これでは大企業はおろか、中小企業はウェブ広告をうまく使いこなすことは難しい状況になってきています。

そのようなコスト増の傾向から脱出し、長期的に取引を続けられる顧客を求めて企業は育成型のマーケティング、コンテンツマーケティングに取り組み始めています。