同じ小冊子を配信するコンテンツであるホワイトペーパーも配信の仕方や内容で区別して扱われます。

ホワイトペーパーは専門的で技術的なテーマで書かれ、調査結果や分析をもとに記述されます。ユーザーが直面している課題や、過去から現在に至る過程においてのデータをもとに自社で提供出来る解決策や、解決した事項を提示してユーザーを惹きつけるように書かれます。

自然にボリュームが増えて専門性が高くなります。

eBookは量や質は置いといて、とりあえず「ユーザーが直面していそうな課題や状況を解決するために自社リソースが活用できないか?」ということを簡易的な冊子にして配布します。
ホワイトペーパーよりも簡潔に済ませたい下位互換の配布コンテンツと言えるでしょう

AmazonKindleはホワイトペーパーをさらにプレミアム感やブランド力を持たせたい場合に取り組む場合に活用します。表紙はデザイナーにデザインしてもらい、アマゾンの電子書籍でも少し高額な値段で販売しておくのもポイントです。

こうすることで普段は有料で配布している商品をユーザーに期間限定で配布したり、関係を強固にしたいユーザーに配布することでさらに信頼関係を強くし、商品の発注につなげる導線を構築していくのです。

記事やインフォグラフィックと違い、ホワイトペーパーを活用することで有力な見込み客が獲得できます。この顧客との接点を逃す手はありません。ホワイトペーパーをダウンロードしてもらう場合は、Eメールやユーザーの情報を細かく記入してもらうなどのリード情報の収集に努めましょう。

魅力的なホワイトペーパーを作成できれば、必ず初期投資に見合った有効なユーザーのリード情報の収集源になり、結果的にSEOやSCOの費用よりも低コストで集客できるツールになるでしょう。