平素は株式会社イーグルツリーをお引きたて頂き誠にありがとうございます。

2016年10月1日より開始しております「Social content hack」事業に関しての趣旨をご説明いたします。

social content hack事業は「今まで利用されていた社会的資源をITの力で別の質に変化させる」ことと「地方で芽吹いた新しい企業や流れを新しい価値に融合させて成長を加速させる」ことを目的にしております。

%e8%b5%b7%e5%8b%95%e7%94%bb%e9%9d%a2_ol

その第1号のsocial.hackアプリが「株式会社 悪の秘密結社」様と共同開発した「福岡地下鉄時刻表 悪の秘密結社ver」です。福岡市営地下鉄というものは福岡市民の足であり、その時刻表は社会的なインフラです。

社会的なインフラであり、1日に40万人。月にのべ1億2000万人が利用する地下鉄の時刻表という社会的なインフラにITの力でコンテンツと融合させて利便性を高めるというハッキング(hack)をかけることで、生まれたばかりのコンテンツの知名度と成長を加速させ、地域に定着させる狙いがあります。

 

またそれだけではありません。福岡市営地下鉄は長い年月をかけて延伸を続けています。七隈線の開業で福岡市は利便性が増し、地価が上がって福岡市そのものの価値を高めると共に、市民の生活圏の利便性を向上させました。

 

この地下鉄沿線の市民の生活の質を更に高めるために地域に根付いたお店が必要です。しかしただその地域に開業しただけでは定着する前に廃業してしまう可能性が高いのも事実です。こういったお店は大体の場合は広告まで手が回らずに廃業してしまいます。

 

弊社はその広告という部分でも弊社のアプリを使用して貰えるsocial hackを目論んでいます

弊社のアプリに掲載する広告出稿料金は「一定の条件を満たせば」無料で出稿ができます

 

集客をするには広告を出して、口コミの評判を良くし、サービスの内容をお客様にお伝えして。。。と様々な施作を要求されます。この広告費は馬鹿にならない部分です。しかも広告費をかければかけるほど、お客様に値段の増加として反映されます

 

広告費を無料にできれば起業したばかりの方にとってどれだけの福音でしょうか?想像に難しくないことだと思います。

「一定の条件」とは「弊社のアプリで課金しているお客様に優待を用意していただくこと」です。一回の割引は50円くらいでいいのです。もちろん、1回の来店でお客様が使われる金額次第ですが、複数回来店されるなら30円でも結構です。

 

1月に1回の来店の頻度で3500円くらい使うならその8%の280円くらいが広告費としての内訳で相応に思えます。

またこの優待はあくまでも「アプリに課金していること」が前提です。ただアプリをインストールしているだけなら優待を提供する必要はありません。

 

これは広告の単価の問題です。1回の来店のコストを正確に支払うという場合、広告媒体の主催である我々でなく、そのアプリをきっかけに来店して頂いたことを、出稿されたクライアント様がお客様に無料で広告できた分として優待して欲しいのです

 

これらの施作によりアプリの利用者を増やし、実現できれば間違いなく今までただの時刻表だったものが「時刻表の枠を超えた新しい福岡のコンテンツ」に育って行くことを確信しています。